ブログ

Z空調つけたら、床暖房はいらないの??2022.10.28

いよいよ、暖房のシーズンが到来。
巷でかなり話題の全館空調。
ヒノキヤグループの誇る「Z空調」。
これからマイホームを建てようと考えて色々検索している方、
せっかく新築するんだから、絶対に床暖房を入れたい!
雪国や寒暖差の激しい地域は、
新しいおうちでも、やっぱり石油ファンヒーターやコタツがないと
冬を乗り越えられない!
だって長年そうして過ごしてきたんだから・・・
と、思われているのではないでしょうか。

ずっと新潟で生きてきたワタシ。
エアコンの暖房で冬を過ごしたことは一度もありませんっ。
ワタシは石油ファンヒーター派。
雪の積もる中、せっせと灯油を買いに行くことが週末の日課。

部屋を出れば、冷たい廊下。
暖房を付けていない部屋に入れば当然 床は冷たい。
これが当たり前と思っている方。
そんな固定観念は、確実に変わります✨


Z空調は、本当にZ空調だけで
冬を過ごせます。
朝晩、氷点下になる地域だって、
氷点下だと言うことに気づかないまま
過ごせます。
玄関を開けて外に出て、
現実の寒さを知る・・・みたいな。


取材させていただいたお客様の感想が、これまたリアルで、
へ~、そうなんですね~って思うことばかり。
ワタシばかりが驚いていても仕方がないので、
ブログを読んで下さっている方にも教えちゃいます!!

●長野県S様
コスパの良さでパパまるを建ててくださったS様。
真冬に「-12℃」まで気温が下がる地域の為、床暖房も入れたけど
使っていません。愛犬たちの体調管理にも大活躍しているそう。
●新潟県K様
猛暑日続きの夏にお引越しをされたK様。
生まれたばかりのお子様につきっきりであまり外に出なかった奥様は、
夏の暑さを忘れるほどだったそう。
●長野県M様
セカンドハウスとして建てられたM様は東京在住。
Z空調はすごい。東京では石油ファンヒーターが必須なのに、
玄関から寝室まで居住空間を温度差なく快適に過ごせているそう。
●山形県H様
昔ながらの広い旧家に住まれてたいたH様。
寒がりな奥様は、元気に走り回るこども達に「ドアを閉めなさい」と
声をあげることがなくなったそう。
●新潟県F様
お盆に帰省した実家のトイレや脱衣所が暑くて大変だったF様。
普段は当たり前になっているから気づかないですが、
我が家って、やっぱり快適なんだ・・・と思われたそう。

まずはお近くのモデルハウスや展示場で、Z空調のすごさを実感してみませんか?

各地のモデルハウス情報はコチラをクリック!


是非コチラの来場予約をポチっと押してモデルハウスを

見学してみましょう♪